クラシコイタリアブランドの
お買い取りはリタリオリブロ

クラシコイタリアブランドのお買い取りは、業界でも最高クラスの
リタリオリブロへお任せください

PICK UP 注目のブランド


  • Kitonキートン

     


  • Cesare Attoliniチェーザレアットリーニ

     


  • Belvestベルベスト

     


  • ISAIAイザイア

     


  • LARDINIラルディーニ

     


  • HERNOヘルノ

     


  • ANTONIO PANICOアントニオパニコ

     


  • Anna Matuozzoアンナマトッツォ

     


  • BARBAバルバ

     


  • LIVERANO & LIVERANOリベラーノ

     


  • LUIGI BORRELLIルイジボレッリ

     


  • MARIANO RUBINACCIマリアーノルビナッチ

     


  • Sartoria Seminaraセミナーラ

     


  • Stile Latinoスティレラティーノ

     


  • TIE YOUR TIEタイユアタイ

     


  • and more…

     

BRAND クラシコイタリア

お買い取り担当者のコメント

リタリオリブロでは、クラシコイタリアブランドの買取を積極的に行っております。スーツやコート、ジャケット、スラックスなど、どのようなアイテムでも査定させていただきます。査定専門のバイヤーが複数おり、それぞれの得意分野を活かすことで、ご満足いただける査定金額をご提示致します。まとめて大量のお品をお買い取りすることも可能です。クラシコ系やトラッド系の買取を専門としていることで業界屈指の買取実績がございます。ハンドメイドで仕立てられたスーツやジャケット、ビキューナやカシミヤを使用したコートなど、他の買取店ではなかなか評価してもらえないようなマニアックなブランドやアイテムも、リタリオリブロなら積極的に高価買取致します。ぜひご相談だけでもお気軽にお問い合わせください。

クラシコイタリアブランドについて

クラシコイタリアとは

1986年にイタリア・フィレンツェに結成された「クラシコ・イタリア協会」。
伝統的既製服縫製業界組合のこと。
日本ではこの協会に属していないブランドでも彼らの作り出す商品の傾向に当てはまるようなブランドは、クラシコイタリア系などよ呼ぶこともございます。ルイジ・ボレリ、イザイア、キートン、ヘルノなど、日本でも人気のブランドが属していることで知られています。
「イタリアの高度な手工業技術」と「真のメイド・イン・イタリー」を守り発展させることを目的にした、メンズファッションブランド16社のみによって構成されていました。言うなれば、「イタリアの最高水準のモノづくりをする集団」が、クラシコ・イタリア協会であり、それが現在にも続くルーツです。
そもそもクラシコとは、日本語では「クラシック」「古典的な」と言う意味ですが、本来はイタリア語で「最高水準の」「模範的な」「高雅な」という意味を持ちます。
現在クラシコイタリアは、イタリアのエレガンスと手仕事による伝統的な技術をもった最高峰のファッションという意味合いに変化して、それらを含め「クラシコイタリア」の呼び名が、ひとつの「スタイル」として定着しています。

クラシコイタリア協会の発足

「クラシコイタリア協会」の発足には、当時のイタリアの背景が大きく関わっています。
イタリアは1860年に統一されるまで様々な異国の文化が入り込んでいて、中でもナポリは当時から独自のハンドメイド技術を発展させてきた土地。そして現代では洒落者が集う街でもあります。
英国の貴族達はそのナポリでバカンスを過ごす際に、お抱えの職人を連れてきて服を作らせます。ナポリの優れた職人達は、英国から持ち込まれたその伝統的な服作りを習得しながら、元々培ってきたハンドメイド技術と独自の美意識を融合させ、さらに進化させていきます。
そのことにより、伝統的な英国スーツの影響を強く受けながらも、リラックス感がありながらエレガンスを醸し出しだした、「現在のクラシコイタリアスーツ」が生まれたのです。
しかし、その高いハンドメイド技術に注目したヨーロッパ各地から注文が相次ぐことで、生産が追いつかなくなるという事態を招きます。その大量の需要に応える為に、今までとは違う「マシンメイドによる大量生産」が必要不可欠になってきたのです。
そういった時代の潮流の中、イタリアの伝統的なハンドメイド技術と伝統が失われるのを危惧し、それを後世に残していこうと結成されたのが、クラシコ・イタリア協会なのです。

関連ブランド

クラシコイタリアと聞くと、どんなブランドを思い浮かべますか?
16社が集って結成したクラシコイタリア協会ですが、1990年代には20社を超え、キートンやブリオーニをはじめ、ルイジボレッリ、イザイア、クルチアーニ、ブルネロクチネリなど、今尚最高級として名高いブランドが揃います。クラシコイタリア協会の最盛期と言えるかもしれませんね。
その当時は、日本でも『ミラノの3G』と言われるジョルジオアルマーニ等のブランドが全盛でしたが、誠実なもの作りをするクラシコイタリアの世界感が日本でも認知され、デザイナーズを愛用していた洒落者たちが、キートンやブリオーニに乗り換えだします。それは、本質的なものづくりをするブランドに目が向けられるという、デザイナーズ一辺倒だった日本のメンズファッション界の潮目が変わったことを意味します。
2000年代になると、ピッティ・ウォモに訪れるバイヤーも右肩上がりで増え、イタリアファッションが世界的な盛り上がりをみせます。そうした中、インコテックスやボリオリといった、クラシコイタリア協会に加盟していなくとも素晴らしい物作りをするファクトリーブランドが、既に巨大なマーケットになっている日本向けにエクスクルーシブ商品を展開。それが極端な人気を博し、クラシコイタリア的なスタイルとして、日本で更なる拡大をみせていくのです。
そして現在、クラシコイタリア協会は13社が加盟。全盛期に比べると少なくなりましたが、それはクラシコイタリアの衰退とは言えません。協会に加盟していなくとも素晴らしい物作りをするブランドが、逆にどんどん増えているからです。
例えば、素晴らしい物作りと優れたデザインで、近年圧倒的な人気を誇るラルディーニやヤコブコーエンといったブランド達。
彼らをクラシコイタリアと呼ぶのに、なんの不都合があるでしょう。
現在の認識では、『クラシコイタリア=クラシコイタリア協会』ではなくなっています。
クラシコイタリアはもはや『スタイル』として認識されていて、追随するブランドも含め、総称としてそう呼ばれているのです。

代表するデザイン

クラシコイタリアのファッションは、他のスタイルとは大きく異なるデザインやディテールが存在します。
それは、リラックスした柔らかな仕立てに代表されるように、イタリア人の陽気で洒落好きな気質が大きく反映したものです。
そうしたクラシコイタリアを代表するデザインやディテールの一部をご紹介します。

「軽やかな仕立てのジャケット」

スーツやジャケットは、『センツァインテルノ』に代表されるように、ジャケットを成形する肩パッドや芯地を省き、パターンの工夫やアイロンワークを駆使した仕立てで、非常に軽く柔らかな着心地が特徴です。※イタリア語で、センツァとは「無」インテルノとは「中身・芯」の意味。
他には『マニカカミーチャ』(イタリア語でシャツ袖の意味)と呼ばれる、シャツの袖付けの様に肩にギャザーを寄せて袖付けをする技法も、クラシコイタリアらしい伝統的なディテールです。
どちらも熟練した職人の手仕事を用いなければ不可能な仕立てで、センツァインテルノはその軽さと柔らかさ、マニカカミーチャは可動域の拡大とリラックスした着心地を生み出しています。
手仕事によって生まれるそのジャケット達は、カーディガンのような軽さと柔らかな着心地に仕上がり、イタリアらしい洒脱な雰囲気までも併せ持ちます。まさしくクラシコイタリアを具現化したかのような代表的なデザインです。

「立体感のあるパンツシルエット」

クラシコイタリアの現在の主流はテーパードシルエットのパンツ。着心地や高級感を求めるクラシコイタリアの中で、着心地に左右されない裾などは、よりスタイリッシュに見せる為に強めに絞られているのが特徴です。日本のセレクトショップ等にも大きな影響を与えているこうしたパンツシルエットのトレンドは、このクラシコイタリアから生まれているといっても過言ではありません。
またよくある立体裁断とは違い、職人のアイロンワークによって『S字』を描いた立体感のあるスラックスも特徴。手縫いならではの味わい深い雰囲気と、縫いテンションの強弱による柔らかな履き心地。熟練した職人しか仕立てられないこうしたパンツは、他国で見かけることはまずありません。

「手縫いによる柔らかなシャツ」

クラシコイタリアと言えば、ハンドを多用して仕立てたシャツが特に有名。特にナポリには優れたカミチェリアがいくつも存在し、昔からその職人たちが着心地とデザインを競っていました。一番の特徴は、熟練した職人の手縫いによって生まれる『立体的で柔らかな着心地』。面ではなく立体でシャツを捉え、芯を省いた柔らかな襟を採用する感覚は、着心地を重視するイタリアならではです。英国はもとより、手縫いのシャツを当たり前に生産している国はイタリア位のものでしょう。
また、ザンパテグリアートと呼ばれる鳥の足跡型のボタン留め。これもボタン留めの強度とイタリアらしい洒落っ気を表現した、クラシコイタリアの代表的ディテールです。

「スカーフのように軽いネクタイ」

ドレススタイルの華となるネクタイも、独自の進化を遂げたアイテムのひとつ。中でも、1枚のシルク生地を手で7つに折って仕立てたセッテピエゲが有名。イタリア語でセッテ(数字の7)とピエゲ(折る)という意味からきた仕様です。
通常のネクタイの2倍以上の生地を手縫いで仕上げる為にコストパフォーマンスが非常に悪く、かつ複雑な作りゆえ仕立てられる職人がほとんどいなくなっているという、絶滅危惧種に近い存在。しかし、その素晴らしい巻き心地は圧倒的です。芯地を用いない分非常に軽く柔らかで、まるでスカーフを巻くかのようなふわっとした巻き心地は、他のネクタイとは雲泥の差。その伝統的なネクタイを今尚守り、後世に残すのがクラシコイタリアなのです。

「まとめ」

クラシコイタリアの洋服たちは、一言で言えば『軽くて 柔らか』。
その素晴らしい着心地に加え、イタリア人が生来もっている洒落感を加味したものが、クラシコイタリアなのです。
スーツ発祥の英国とは、気候や国民の気質が大きく異なります。そのことがスーツの作りと文化を大きく分けた要因です。
英国が格式あるトラディショナルなスーツ文化を生み出したように、イタリアは素晴らしいものを洒脱に着こなすというクラシコイタリア文化を生み出します。
そのクラシコイタリア文化が、世界の男性ファッションの価値観を大きく変えることになるのです。

私たちとクラシコイタリアの馴れ初め

クラシコイタリア好きが集結
平成19年9月、同じアパレル企業に勤めていたクラシコイタリア好きの男性4人が再集結し、この伊倭株式会社・リタリオリブロをスタートさせます。
発足理由は、とても単純でシンプル。
それは、いままで勤めていたアパレル企業では成し得なかった『クラシコに囲まれた生活を楽しみたい』という想いから。
クラシコには、「最高水準の」「上質な」「模範的な」などの意味があります。
そのクラシコと呼ばれる最高水準の物たちはもちろん、つい人に語りたくなるような物、作り手の想いがこもった物、
時代を越えてもなお輝きを放つ物も、クラシコという言葉に込められていると思うのです。
物であふれかえった時代でも、素晴らしいクラシコに囲まれた新しいライフスタイル。
当初はそれを自分たちの目標として考えていましたが、徐々に「こんな素晴らしい生活を皆にもっと知ってもらいたい」という想いが強くなります。
その方法として考えたのが『クラシコのお買取り』だったのです。
中古品であっても価値を失わないクラシコであれば、誰もがその素晴らしいものを廉価で手に入れることができる。
使わなくなったらそれを売る事で、他の人にもその喜びを分ける事ができる。
その形であれば、皆で素晴らしいものを無理なく買い、使う事が出来ると考えたのです。
一般的なリユースショップとは違い、クラシコのみを扱うという形態は、軌道に乗るまで時間がかかりました。
どうしても所有している方が限られる為、お店を作る程のクラシコを集める事が困難だったからです。
しかし、私たちの想いに賛同してくださった沢山のお客様に支えられ、今の形までたどり着くことができました。
心より感謝申し上げます。
これからは、支えてくださるお客様だけではなく日本中のクラシコ好きな方々が集って楽しめる、そんな企業に成長したいと思います。
そうした取り組みが、『大量生産・大量消費から脱却し、より環境に良い社会』を作ることにも繋がると考えてるからです。
微力ではありますが、そんな素晴らしい社会を作る為にも、一歩一歩邁進して参ります。

これからの未来

クラシコイタリアという協会の名前から、そのスタイルへと意味が変わってきたクラシコイタリア。
これからも時代の流れによって、そのスタイルや内容が変化していくことでしょう。
大切なのは、『最高の物作り』、それを得た時の『ときめき』という、クラシコが持つ本質を変えないこと。
そして変化を成長と捉え、自らが変わる勇気をもつこと。
変わる部分と変わらない部分をしっかりと持ち続けることで、クラシコはこれからもっともっと成長していきます。
そしてその先には、『新しいクラシコが広がる素晴らしい社会』が待っているはずです。

人気モデル・ポイントなど

各ブランド、定番モデル、人気モデルを中心として、ほとんど使用していない物やコンディションの良い物は、さらに高価買取が期待できます。リタリオリブロの顧客様は、ファッションを熟知された方が非常に多く、素材や仕立て方法、ブランドについてなど、多くのこだわりや知識を持たれた方に支えられています。その為、クラシコイタリア系ブランドなども高価買取することが可能です。クラシコイタリアやトラッド系ブランド、高級ブランドを得意とするリタリオリブロだからこそ可能な、高水準なお買い取りをぜひご利用ください。

BUYING お買い取り情報

クラシコイタリアブランドのお買い取り情報

FAQ よくある質問

クラシコイタリアブランドのよくある質問

紳士服のスーツやジャケットで、袖の直しやネーム入りの場合も買取できますか?


はい、お買い取りさせていただきます!査定に多少影響はございますが、クラシコ、トラッド系を得意とする弊社では、ブランド紳士服を積極的にお買い取りさせていただきます。

お買い取り前にクリーニングは必要ですか?


その必要はございません。ただし、お持ちいただいた状態で査定させていただきますので、メンテナンスは高価買取につながる可能性がございます。

夏に冬物などオフシーズンのジャケットは買取対象ですか?


はい、お買い取り対象です。当店では1年を通してお買い取りさせていただいております。時間が経過すると、買取価格も下がってしまう傾向がございますので、ぜひお早めにご利用ください。

宅配買取を送る前に、画像を送って見積もりしていただくことはできますか?


メールで画像をお送りいただく、もしくはお電話で詳細をお伺いして、概算をお伝えすることは可能でございます。正確な金額は、現物を拝見した後にお伝えさせていただきます。

ハンガーやガーメントケースが無いと安くなってしまいますか?


特に価格に影響はございませんので、ご安心ください。もし、付属品をお付けいただける場合は、査定額に反映させていただける場合もございます。

やや古いスーツですが買取できますか?


購入からお時間が経過したスーツやジャケットも買取可能です。但し、コンディションやデザインによっては、ニーズが低くなってしまう為、難しい場合もございます。

BRAND 取り扱いブランド

メンズ&高級ブランド専門で
マニア級の取り扱い
がございます

取り扱いブランド一覧

専門店ならではの幅広い取り扱いブランド!
また、クラシックやトラッド系のマニアックなブランドにも対応。
リストにないブランドも多数お取り扱いさせていただいております。
お取り扱い内容や、お買取についてご不明の点はお気軽にお問い合わせください。

HOW TO 簡単、便利な買取方法

4つの便利な買取方法

最も人気の宅配買取を中心に、
お客様の状況に合わせたお買い取り方法をご提案

利用者No1の宅配買取!梱包資材も無料

申込後、送って待つだけ簡単手続き

全ての手続きは完了します!

BLOG 関連ブログ

1 2 4